スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
往診専門の動物病院を始めた理由・・・
私は愛知県のある病院に勤務していました。

とても忙しい病院でした。診察だけでも多い日は一日に140件以上、手術も多い日は一日に10件近く。
朝9時から13時過ぎまでと夕方16時から21時過ぎまで診察。その合間を縫って手術をする日々でした。
もちろん、それだけの診察と手術を約4人の獣医師で分担するのですから、一件一件の診察に割ける時間は限られてしまいます。
そんな中、もっと丁寧に時間をかけて診察をし、インフォームドコンセントし、飼主様にその子の病態をしっかり理解してもらった上で、患者のワンちゃんネコちゃん、飼主様、獣医師の三人四脚で病気と闘って行きたいという強い思いが生まれました。

ワンちゃんネコちゃんは、どこが痛い、どう苦しい、ということを具体的に訴えられないので、「獣医さんに任せとけばいいや!」的な方法では、ベストな治療が望めないんです。飼主様がしっかり観察してあげ、病気の内容を理解してあげることが治療にはすごく大切なんです。
なので、私は出来る限り、わかりやすい、医療関係者でなくても理解できる表現を模索しながら説明するように心がけるようにしています。こういう世界にどっぷりつかると、平気で素人の人に専門用語で説明してしまいがちですから・・・

また、勤務医時代、末期の腎不全のラブラドールのワンちゃんを診察治療する機会がありました。やれるだけのことを試みましたが、改善の兆しが見えませんでした。もちろん点滴を流し続けていると少しは楽なのかもしれませんが、病態が改善されることは見込めませんでした。

私は家族の方々に説明し、これからどうしたいか?を尋ねました。このまま入院を続け、点滴をし続ければ少しは楽だと思うが、入院中の他の大勢のワンちゃんネコちゃんの鳴き声のストレスの中、(冷たく狭いスチールの)ケージの中に居続けて最後は病院でなくなることになる、と説明しました。自宅で看病し、通院で点滴し、最後の日が来るまで家族と暮らすという選択もあると。

そのご家族は、後者を選択されました。が、一つ問題点がありました。横になった病気の大きなラブラドールを自宅から病院まで毎日運び、待合室で順番を待つ・・・家族の方にとっても体力的にも精神的にも負担が大きく、続くかどうか?それ以上にその子にとって大きなストレスと苦痛を強いることになって、寿命を縮めてしまうことになるのではないか?

私は、院長の許しを得て、診察と手術の合間または勤務時間後に、時間を見つけて往診に行って、点滴をしてあげることにしました。片道車で30分の道のりを毎日か一日おきに往診していたのですが、やはり家族に囲まれて伸び伸びと生活していたその子は顔色も良く、予想した以上に長く生きることが出来ました。最後は家族に見守られながら安らかに亡くなりました。その家族の方々には、想像以上に「往診」を喜んでもらえ、感謝して頂けました。

ずっと入院し続け、ある日突然に、「急変しました!」「亡くなりました!」という連絡を受けると、家族の方々の駆けつけが間に合わず、最後を看取ってあげることが出来なくなります。家族の方々にも大きな未練が残る場合があるようです。

こういった様々な経験を経て、また自宅にお伺いすることにより、ワンちゃんネコちゃんの住環境を把握することができますし、飼主様一人一人としっかり向き合って詳しくお話することが出来るので、往診をする病院を作ろうという思いが強くなりました。

ただ、普通の病院を運営しながら、往診もするといろんな問題点が出て来てしまいます。午前診察、午後手術、夕方診察。こんなペースですと、獣医師一人では往診に出る時間が持てませんし、仮に持てたとしても、限られた時間帯のみになり、飼主様の都合に合わせることは不可能になります。また、病院の維持費というのは大きく、病院を維持しながら、そこを空にして往診に出ると、固定費が高くなりすぎ、往診代も高くなってしまいます。

私は、飼主様にしっかりと治療を続けてもらい完治してもらうには、時間のフレキシビリティがないといけないし、料金が高くてもいけないと思っています。

そこで、朝から夕方まで自由に時間を選んでもらえ、かかりつけの子にはある程度緊急対応も出来る体制を作り、料金も通常の動物病院より安くすることを目標にし、「往診専門」という形態を選ぶことにしました。

このスタイルを始めてみて、更に気付いたことは・・・車がない一人暮らしの老人、車を運転できない女性、車に乗るとパニックになって脱糞しながら暴れまわるワンちゃん、動物病院の無い山奥に住んでいる方、病院の待合室で静かに待てないワンちゃんネコちゃん、待ち時間が長過ぎて耐えれない、と治療してあげたいけど治療に行けない、予防したいけど出来ないで悩んでいる方々が予想以上に多くいることでした。そういう方々に喜んで頂ける時、(結構、体力的にも時間的にもきついスタイルなんですが)頑張っていこう!続けていこう!という思いになります。

「往診専門」という奈良市では初めてのスタイルですので、いろんな困難にぶつかりますが、試行錯誤の中、いろんな新しいアイディアを出しながら社会貢献して行ければと思っています。ソニー時代に学んだ、「人のやらないことをやる」「出る杭を伸ばす」の精神で、頑張っていこうと思いますので、応援してくださいね!





スポンサーサイト
往診専門の動物病院をやっています。

フットワーク、誠心誠意をモットーにしておりますが。
簡単なご相談はブログでもお受けしますのでお気軽にお問い合わせください。

ドクターとしてやっていく中で考えたこと、感じたことを書き綴っていきたいと思います。

それでは、お楽しみに!
Copyright © 獣医 ドクタータガワの動物往診日記        タガワ アニマル クリニック                  0742-24-0677(西を向いてニャーニャー)(奈良発). all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。